新築 1000万円以下 平屋

近頃、住み心地が良いと評判が上がってきている住まいが平屋なんです。

 

平屋を新しく建てようとすると、まず大まかな金額を考えてから、およその予算を計算する場合が多くなると思います。

 

住宅を新築するとなると、大体の場合は住宅ローンを組むことになると思います。そうすると、支払いは長期に渡ってしまいます。

 

長期になるとその分家計の負担にもなります。そのため、1000万円台という金額で新築可能かどうか考えてみたいと思います。

 

それに加え、1000万円台で新築する時に重要となる点も紹介していきます。

 

出典:1000万円の家

 

1000万円台で平屋を建てることは可能なのか?

 

ほとんどの場合、家を建てると住宅ローンを組むと思います。

 

ローンを組んでしまうと、その支払いは長期間に渡ります。家計にも影響が出てくるため、わずかでも減少すると嬉しいですよね。

 

月々にかかる費用を減らすためには、住宅の金額を減らすことは有効となります。

 

1000万円台程度ならば、30年を越える長期間のローンを組んでいたとしても、ほとんどのケースが月々の支払い額は5万円を下回ることになります。

 

なので新築を考えた際、1000万円台の額を基準にすると良いかと思います。

 

ですが、1000万円台で新築することは現実的に可能なのでしょうか。

 

あらゆるハウスメーカーが存在しているため、1000万円台でも建てられる企業は多数あります。

 

その中には、「ローコスト住宅セットプラン」というプランも存在するため、多額の費用をかけずとも新築の平屋を建てられます。

 

始めに1000万円台の予算と伝え、それから具体的な内容をハウスメーカーと相談していきましょう。

 

平屋の住宅の評判が高くなってきている理由は?

 

平屋は以前より日本でよく建てられていました。

 

新築する際、平屋を選ぶ人が増えてきていますが、平屋の評判が上がってきたのはなぜでしょうか。

 

そこで、平屋のおすすめポイントを紹介します。

 

身体的負荷の軽減

 

歳を重ねると階段の昇降は身体への負荷となってしまいます。

 

体に負担の少ない平屋の方が、長期間住み続けることを考えると適切だと考えられます。

 

コストの削減

 

平屋の分、2階部分のトイレなど、建築にかかるコストを減らすことが可能となります。

 

1000万円台の予算としコストを抑えるならば、平屋の方が費用面でも理想的となるでしょう。

 

維持費の削減

 

長期に渡って同じ住宅で生活していると、あらゆる不備も起きてきます。

 

もし2階建のエクステリアを整備すると、足場も増えてしまうので、その分コストもかかります。

 

なので、平屋の方が2階建と比較してコスト削減することが可能となります。

 

平屋の短所は?

 

1000万円台という予算だと、費用面を考えると平屋を新築する方がコスト削減に繋がります。

 

次に、平屋を新築した場合の短所も紹介しておきます。

 

防犯・プライバシーの問題

 

平屋となると、部屋は全て1階に作ることになります。

 

カーテンや窓を開けっ放しにしてしまうことも多いと思いますが、そうした状況は防犯やプライバシーの面でも注意が必要です。

 

対策としてオープン外構にしたり、二重窓やミラーフィルムを使うようにしましょう。

 

採光の課題

 

周囲に建築物が見当たらなければ良いのですが、平屋は周囲の建物によって住宅に当たる日光が左右されやすくなります。

 

そうなると部屋に入る光も少なくなり、家の中が暗くなってしまいます。屋根に天窓を付けるなど対策を立てましょう。

 

坪単価の課題

 

延べ面積が同じであったとしても、坪単価に差が生まれる場合があります。

 

広い平屋を新築するとなると、その分土地にも広さが不可欠となります。

 

広い土地となるとその分屋根も広くなり、基礎工事や地盤改良も増します。結果として2階建より坪単価が高くなってしまいます。

 

そこで、土地はある程度の広さにしておき、広く感じさせるような間取りにするなどの対策を立てましょう。

 

予算が1000万円台ならば注文住宅がお得

 

ハウスメーカーでは1000万円台で新築を建てられると紹介しました。

 

注文住宅より、新聞と一緒に入る広告で紹介されている建売住宅の方が、費用が抑えられる印象を持っているかもしれません。

 

ですが、実際にはハウスメーカーで注文する方が、コストを抑えて平屋を新築することが可能となります。

 

その理由としては、余分な設備を省くことができるからです。

 

建売住宅にすると、使わない設備も予め備え付けされている場合が考えられます。

 

例を挙げると、食洗機、太陽光パネル、システムキッチン、床暖房等となります。

 

しかし、使わないからといって、外すことはできないのです。

 

もし注文住宅にすると使わない機器は削れるため、必要な設備のみ整えた住まいにすることが可能となり、その結果コスト削減にも繋がります。

 

そのほかハウスメーカーだと、トイレ、洗面台、照明機器も好きなタイプを選ぶことが可能です。

 

一方、建売住宅だと既にメーカーが決まっているケースが多いため、様々な機能があり、その分値段も上がることがあります。

 

そのため自分で安い設備を探すことで、初めにかかるコストを安く済ませることが可能となります。

 

それ以外としては、外壁、屋根など占める割合が多くなる場所に費用を抑えた材料を選択すると、大きなコスト削減となるでしょう。

 

1000万円以下も注文住宅なら狙えるかも?

 

先程もお伝えしましたが、1000万円台の平屋の新築ならば、無駄のない構造がポイントとなります。

 

あらゆる場面でコスト削減をすれば、ハウスメーカーで1000万円以下の新築も現実的となります。

 

現実に、約980万円程度で新築したケースもあります。

 

費用を抑える重要な点は、こだわりを持つ所、持たない所をはっきりとすることです。

 

ほとんどは木造住宅になると思いますが、使用する木材、耐震性などこだわりがあるならば、譲らない方がいいです。

 

むしろそのこだわりがあることで、支払い甲斐が生まれるでしょう。

 

そのほか、間取りを正方形、長方形など四角形にすることで形を変えず、屋根の形を凹凸がなく平らにすることもコスト削減に繋がります。

 

間取りがやや込み入った形になるだけでも、材料費、人件費がかかるので注意してください。

 

費用を抑えた建築プランで家を建てるならば、あまり手を加えずそのままのプランで建てることをおすすめです。

 

あれこれ追加せず、そのままの間取りを活用しましょう。

 

間取りはわかりやすく単純なものにしましょう

 

1000万円以下の平屋を新築するため、シンプルにする要点をお伝えしていきます。

 

まず、間取りを紹介します。

 

コスト削減するために、作る部屋数を少なくし、オープンな空間のある間取りにしましょう。

 

部屋数が減少するとその分、ドア、壁、壁紙にかかる費用も抑えることができます。

 

それが全体的なコスト削減にもなります。

 

例を挙げると、リビング、キッチン、ダイニングは仕切りをなくし、広い部屋として使用することができます。

 

これらは広さが生まれるため、オープンな空間を作ることができます。

 

また、長所として、

 

・採光が良くなるので明るくなる

 

・エアコンが少なくて済む

 

・家族間の会話が増える

 

・家族の様子がわかり、子どもにとっても居心地が良くなる

 

このような点がメリットとして挙げられます。

 

もし2人の子どもがいたとすると、子どもの部屋も広く作り、仕切りを自分たちで作るのも良いと思います。

 

住んでから住みやすい空間にすることも、コスト削減に繋がる重要な点となります。

 

1000万円台でも平屋を新築できる

 

ローンを組むことを負担に思う人は多くいますが、1000万円ほどなら、月々の支払いは5万円以下に抑えられます。

 

1000万円台でも新築可能となるので、見積もりを取り、相談してみましょう。

 

その際、間取りをわかりやすく単純にし、設備を選択してコスト削減することが重要となります。

 

エクステリアも費用を抑えれば、1000万円以下で新築することも可能となります。

TOPへ